【完結】左目をやる契約をしたら、極上の美形悪魔に言い寄られています

 悪魔祓いとして教会に所属する司教セイルは、依頼で田舎の教会を訪れる。教会を管理する司祭を誑かす悪魔の対峙が目的だったが、現れたアモルは「懺悔をしたい」と申し出た。変わり者の高位悪魔と話すうちに、この教会で起きている怪異の原因は目の前のアモルではないと知り……。
 大きな力を必要とするセイルは、高位悪魔アモルと契約した。その裏に隠された彼の思惑に気づかぬまま、失われた過去を思い出すよう迫るアモルにセイルは惹かれていく。
 悪魔の誘惑にエクソシストは堕ちてしまうのか――。

【注意】この小説はすでに完結済みの作品を投稿するものです。そのため完結確実のタグをつけました。
 キスシーン等ありますが、BLになりますのでご注意ください。
【同時掲載】アルファポリス、エグリスタ、小説家になろう
24hポイント 21pt
小説 24,950 位 / 148,564件 BL 5,479 位 / 17,093件