平民降格された元公爵令嬢は自由気ままに生きたい

平民に憧れていたとある令嬢ことジュディア・ノクターンがある日、婚約者の国の第一王子であるミシェル・セイレスからの婚約破棄をされた。

その際に婚約破棄と同時にセイレスから言い渡されたのは自身が憧れていた平民への地位の降格。

しかし、それはジュディアからすると「え、本当にいいんですかね?」と言わんばかりの申し出。

こちらは平民降格になったにも関わらず新しい平民生活に対して「素敵!」やら「いいわね!」などと言いながら楽しく生活を送る元令嬢と、正直な話をするとそんな令嬢の気を引きたかったが故に婚約破棄という言葉を口にしたものの自ら進んで平民になった令嬢に対して慌てふためく王子と令嬢とその周りのドタバタ話……になるはずのもの。

※息抜き様なので更新は気まぐれです。
24hポイント 7pt
小説 29,711 位 / 128,053件 恋愛 13,011 位 / 38,044件