悪役令嬢は足掻くことをやめさせていただきます。

私は、どうしてまた生きているのでしょうか。
『悪役令嬢』として、役目をまっとうしたはずです。惨めに、舞台を去ったはずです。
転生をしても、シナリオには抗えないのだと
嘲笑ったはずでしょう?
けれど、目覚めてみれば今度は逆行ですか。
それならば、もういいです。
誰にも媚びず、何にも恐れず美しく悪役として散ってあげましょう!
24hポイント 14pt
小説 22,491 位 / 111,421件 恋愛 8,941 位 / 32,043件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!