無自覚な高級男娼の情夫

接待で連れて行かれた高級男娼館。

そこに彼はいた。

色白でキメ細やかな滑らかな肌。
愛くるしい顔立ち。
甘い可愛い声。
蕩けた時の艶っぽい瞳。

男にも不完全男性にも興味はなかったが、一度ではまった。

いや、彼にはまった。

人気調教師の丁寧な調教体で人気があり、一晩買うにも大枚が必要だが、身請けには驚くような金額が付けられている。

売れっ子男娼でもあり、どんどん高くなっても身請けの話しが後を絶たないので、男娼館もしばらく手放すつもりがないと言い切るほどの売れっ子。

俺もその買い手の一人に加わろう。
多くの男に買われるのは許せないが、歳を重ねたお前に飽きる男を振るい落とせると思えば何とか耐えられる。

そう思っていたがー…
24hポイント 7pt
小説 26,636 位 / 125,410件 BL 5,445 位 / 13,596件