嫁入り先は、祓い屋<縁>でした。

小春日和の良き日に、ミカサは嫁入りをした。
相手は顔の上半分を布で隠した青年、コゲツだった。
「顔を見られては困る」と、言い妻のミカサにも素顔を見せないコゲツだが、二人は夫婦として暮らしていく。
そんなある日、同級生の美空千佳が行方不明になる。
そして知る、ミカサが嫁いだ家は、祓い屋<縁ーえにしー>という人ならざるものを祓うことを生業にしている家だった。
24hポイント 5,013pt
小説 375 位 / 95,647件 キャラ文芸 4 位 / 2,769件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

元邪神って本当ですか!?〜万能ギルド職員の業務日誌〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:10493pt お気に入り:8066

幸せな番が微笑みながら願うこと

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:73372pt お気に入り:5035

妹の身代わりとされた姉は向かった先で大切にされる

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:167339pt お気に入り:10344

国を追い出されたら隣国の皇帝にお持ち帰りされました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:28911pt お気に入り:9184

兄たちが溺愛するのは当たり前だと思ってました

BL / 連載中 24h.ポイント:1455pt お気に入り:1378

もののけ執事の今日のお夜食

キャラ文芸 / 連載中 24h.ポイント:468pt お気に入り:170

退屈令嬢のフィクサーな日々

恋愛 / 完結 24h.ポイント:10987pt お気に入り:2867