美佐子という人妻 - 廻りの目に怯えて -

時は80年代。テレビの娯楽番組には多くの素人が出るようになった。
この物語の主人公の美佐子もその一人。学生時代に番組に出たこともあったのだ。
結婚四年目、二九歳の彼女は、あるロケ取材に遭遇し、カメラとマイクを向けられた。
「あ、はい…」
笑顔を見せた彼女だったが、その内容は深夜番組の性志向の強いもの。それに気づくや、途中でその場を逃げるように走り去ってしまった。
「途中で止めたから、オンエアなんてされるわけがない…」
しかし、事は彼女の予想とは真逆に動いた。
内容は制作側の意図で演出が加えられ、逃げ去っていく彼女の姿までもが放送されてしまった。
24hポイント 0pt
小説 41,012 位 / 41,012件 大衆娯楽 895 位 / 895件