ねこふんじゃった

ここは東京、柳ねこ町3丁目。
自慢の鈴をちりんちりんと鳴らしながら、ひげをヒョイと動かして、ついでに尻尾もつん立てて優雅に歩く2匹の猫。
ロシアンブルーの雪之丞、町の人間もおいそれと触れるのもはばかるはばかりかわざんしょ。
一方のみたらしは、片耳が半分千切れた雑種猫。
親の顔を知らない・・・てな訳あり猫ながら、ひょうひょうたる振る舞いで、いつでも誰でも、猫だろうが犬だろうが、人間だろうがお釈迦様だろうがけむに巻く。
何を考えているのか判りゃあしない。
親ばかちゃんりん猫ちゃんりん。
そんな私に誰がした? 
なんて唄は、この町が舞台となった訳でして。
見てやっておくんなまし。
聞いてやっておくんなまし。
おっと、これだけは言っておかなくちゃあならない。

いいかい?
ねこのしっぽにゃあ秘密があるんだぜ。
24hポイント 0pt
小説 99,738 位 / 99,738件 キャラ文芸 2,628 位 / 2,628件