電波拾い

ワームホールによる宇宙旅行が実現し、恒星間文明圏を形成しつつある未来世界。
零細ワームホール業者の黒丸時空株式会社はもう何年も赤字が続いていた。開くワームホールがクズ穴ばかりなのだ。そんなある日、井上という老人が会社を訪れ、ワームホールを借りたいと申し出る。
 いったい井上氏はなんの目的でワームホールを借りるのか?
24hポイント 0pt
小説 48,756 位 / 48,756件 SF 1,670 位 / 1,670件