砂金

 内田は上司の涌井課長につき合わされて砂金採りに行った。この時、運よく砂金の大粒が採れたのだが、その翌日、涌井課長の家から、砂金の入った小瓶が姿を消す。
 ここに砂金があることを知っているのは内田だけだと、涌井は内田を疑うが……
24hポイント 0pt
小説 48,582 位 / 48,582件 ライト文芸 2,094 位 / 2,094件