雨傘の日

雨の日の通学路。
降り出した雨に一本しかない傘を分け合いながら帰る高校生ふたり。その相手は思いを寄せる相手だったが、彼は自分をそういう対象として見ているわけではないのだ。
接触に揺れる心。純情なちいさなひと揺れ。
24hポイント 0pt
小説 120,660 位 / 120,660件 BL 12,095 位 / 12,095件