俺の番クン

番に捨てられるΩの予防と、優秀な跡継ぎを求めるαの算段、そして国力を底上げしたい政府の三者三様の諸事情により、この国では国公認の番プロジェクトが定着していた。
プロジェクトで選ばれた番を解除すると厳しい罰則がαに科せられるため、αの参加率は年々低下。
サラリーマンの狭山 一樹は、そのしわ寄せか28歳になっても番プロジェクトから一度もお呼び出しが来ないΩ。
周りのΩが高校卒業と同時に続々と番になるのを見守っていた。
諦めかけたある日、とうとうお知らせメールを受け取り⋯⋯

成長していく年下α ✕ ワケアリ絆され系年上Ω

BLove様第三回短編小説コンテストテーマ『世紀末オメガバース』応募作品第四弾とその番外
24hポイント 184pt
小説 4,943 位 / 83,484件 BL 699 位 / 7,635件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

見つからない願い事と幸せの証明

BL / 完結 24h.ポイント:61344pt お気に入り:1596

夜のお仕事が兄にバレました…

BL / 連載中 24h.ポイント:25156pt お気に入り:673

婚約破棄の翌日に謝罪されるも、再び婚約する気はありません

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:110534pt お気に入り:6345

私の可愛い悪役令嬢様

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:24029pt お気に入り:4106