無実の罪で聖女を追放した、王太子と国民のその後

 ※6月30日本編完結いたしました。7月1日より番外編を投稿させていただきます。


 聖女の祈りによって1000年以上豊作が続き、豊穣の国と呼ばれているザネラスエアル。そんなザネラスエアルは突如不作に襲われ、王太子グスターヴや国民たちは現聖女ビアンカが祈りを怠けたせいだと憤慨します。
 ビアンカは否定したものの訴えが聞き入れられることはなく、聖女の資格剥奪と国外への追放が決定。彼女はまるで見世物のように大勢の前で連行され、国民から沢山の暴言と石をぶつけられながら、隣国に追放されてしまいました。
 そうしてその後ザネラスエアルでは新たな聖女が誕生し、グスターヴや国民たちは『これで豊作が戻ってくる!』と喜んでいました。
 ですが、これからやって来るのはそういったものではなく――
24hポイント 21,088pt
小説 111 位 / 144,470件 恋愛 69 位 / 45,187件