格上の言うことには、従わなければならないのですか? でしたら、わたしの言うことに従っていただきましょう

「アルマ・レンザ―、光栄に思え。次期侯爵様は、お前をいたく気に入っているんだ。大人しく僕のものになれ。いいな?」

 最初は柔らかな物腰で交際を提案されていた、リエズン侯爵家の嫡男・バチスタ様。ですがご自身の思い通りにならないと分かるや、その態度は一変しました。
 ……そうなのですね。格下は格上の命令に従わないといけない、そんなルールがあると仰るのですね。
 分かりました。
 ではそのルールに則り、わたしの命令に従っていただきましょう。

24hポイント 383pt
小説 3,434 位 / 126,076件 恋愛 1,631 位 / 36,151件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者を想うのをやめました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:19888pt お気に入り:10947

妹に婚約者を寝取られたら公爵様に求婚されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:32887pt お気に入り:7240

どうかこの偽りがいつまでも続きますように…

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:49432pt お気に入り:2122

不本意な転生 ~自由で快適な生活を目指します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:4302pt お気に入り:3223