灰色の桜と水面の世界

一千年生きてきた天狐と二匹の子狐のお話。
舞台は神奈川県鎌倉市。鶴ヶ丘八幡宮の水面の向こう側の世界で静かに余生を送っていた、カミサマと呼ばれる天狐は、拾ったばかりの子狐二匹のせいで、人間世界と関わりを持つようになっていく。
24hポイント 0pt
小説 96,580 位 / 96,580件 ファンタジー 26,155 位 / 26,155件