部族を食い殺す猫|ミゲルとカルロスと族長と猫

ある原始的な生活をしている部族の土地では宝石が採れる。

ヨーロッパから来たカルロスとミゲル。

兄弟の商人は宝石鉱山の採掘権が欲しくて、
族長の機嫌を取るために沢山の贈り物を持って頻繁にたずねて行く。

カルロスは近年彼の助手になったものの、
まるで仕事をやる気の無い弟ミゲルにいらいらしている。

そんなとき族長がミゲルを気に入り自分の娘の婿にしようと言い出す。

族長と親戚になれば採掘権がもらえるに違いないと思ったカルロスは、
ミゲルの意見も聞かずに勝手に縁談をすすめてしまう。
24hポイント 0pt
小説 124,453 位 / 124,453件 現代文学 6,273 位 / 6,273件