コーヒー・ドロップス

 大学生、高屋直之には忘れられない人がいた。
 喫茶店でのバイトの帰り道、偶然にも意中の人、高校の部活動で一緒だった先輩、折田裕子と再会する。
 似つかわしくない華美な化粧と服装に、鬼のような形相、そして一筋の涙。
 終わったはずの恋心が今、再び薫り立つ――
24hポイント 0pt
小説 83,850 位 / 83,850件 ライト文芸 3,681 位 / 3,681件