4
SF 完結 短編
家の近くに横断歩道がある。 ここにロボットが立っていた――
24hポイント 0pt
小説 111,549 位 / 111,549件 SF 3,201 位 / 3,201件
文字数 6,028 最終更新日 2019.07.08 登録日 2019.07.08
その高校には、ふたつの文芸部があった。 ひとつはごくありきたりの、よくある“文芸部”。 だがしかし、もうひとつの“文学部”は―― 「一緒にまたひとつ失って、大人になりましょうね」
24hポイント 0pt
小説 111,549 位 / 111,549件 キャラ文芸 2,690 位 / 2,690件
文字数 9,571 最終更新日 2019.03.19 登録日 2019.03.09
旅先で怪我した鶴を救ったが、代わりに財布を失った。 後日、失くした財布を届けに見知らぬ美女がやってきた。 成り行きから始まった共同生活は順調だ。 しかし、俺はどうしても彼女への疑心暗鬼を拭い切れず――
24hポイント 0pt
小説 111,549 位 / 111,549件 ライト文芸 4,855 位 / 4,855件
文字数 10,543 最終更新日 2019.03.05 登録日 2019.03.05
 大学生、高屋直之には忘れられない人がいた。  喫茶店でのバイトの帰り道、偶然にも意中の人、高校の部活動で一緒だった先輩、折田裕子と再会する。  似つかわしくない華美な化粧と服装に、鬼のような形相、そして一筋の涙。  終わったはずの恋心が今、再び薫り立つ――
24hポイント 0pt
小説 111,549 位 / 111,549件 ライト文芸 4,855 位 / 4,855件
文字数 27,478 最終更新日 2019.03.04 登録日 2019.03.04
4