嫌われ婚約者は恋心を捨て去りたい

 アルリナは婚約者であるシュルトへの恋心を諦める決意をした。元より子爵家と伯爵家というつり合いの取れぬ婚約だった。いつまでも自分を嫌い冷たい態度しかとらぬシュルトにアルリナはもう限界だと感じ「もうやめる」と婚約破棄を告げると、何故か強引に彼女の純潔が散らされることに‥
24h.ポイント 269pt
276
小説 4,314 位 / 183,623件 恋愛 2,014 位 / 55,981件