私、悪役令嬢だったんですか?!

「リルディア・フォン・シャルナディーク。
貴女の伯爵家令嬢としての身分、権限、それらの全てをここで剥奪します!」

王女殿下による一言で、リルディアは何処かも分からない薄気味の悪い森の中へと捨てられた────。

後あっさり殺されてしまう。

「いえ、どうして悪役扱いされているのかも分かっていないのですが?!」

状況把握すら出来ていないまま事態は進んでいき、何も分からないまま殺された次の瞬間。

「…え、生き返って、いえ。時間が巻き戻っている?」

しかも、リルディアと一緒に殺された綺麗な顔をした魔法使いの少年。
死ぬ前は一言も口を利いてくれなかったというのに、2回目からは何故かぐいぐい来る。

リルディアのことを揶揄っているのか、助けてくれているのか分からない彼は、性格が悪いとも、腹黒だとも言い切れない。

けれどこれだけは言えます。

「ぜっっったいに意地悪です!!ええ、とても、とびきりに!!」


だけど、今度こそは貴方と二人で生き残りたい。
24hポイント 28pt
小説 14,559 位 / 99,365件 恋愛 6,352 位 / 27,643件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

兄はシスコンと言う不治の病を患ってます

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:74

『ハーレム主人公』とサヨナラしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:63929pt お気に入り:4344

婚約者の浮気現場に踏み込んでみたら、大変なことになった。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2898pt お気に入り:1460

王子は真実の愛に目覚めたそうです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1790pt お気に入り:102

婚約破棄されましたが、お兄様がいるので大丈夫です

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:27286pt お気に入り:2225