片想いの私

私の名前は日菜。私には片想いで大好きな男の子がいる。
その男の子は!輝くほどイケメンではないけど。
とても頑張り屋で。何事にも諦めない。素敵な男の子!
それが。私が惚れた理由!
でも。私には。勇気が無くて。
告白出来ず。小学生中学生そして今高校生。
彼に。もう。彼女がいるんじゃあないかって。
不安で不安で仕方がない...
でも!彼とは!めっちゃ仲がいい!
小中高同じ学校!
そして!趣味が全く同じで!
いつも学校とかトークアプリで盛り上がってる!
でも...恋バナは。していない。
なぜかって。
彼は私が照れ屋って言うのを知っているから。
この話だけを聞くと。付き合ってるでしょう!って思う
でも。本当に付き合っていない。
私は毎日思う。彼の恋愛事情。
聞きたいけど。恥ずかしくて。聞けない…
じゃあ!友達に聞いてもらおう!って思っだけど。
そんな事をしたら
え!?もしかして!日菜!好きなの?って
聞かれそうで。勇気が出なかった。
でも。好きだ!!この気持ちをどう伝えたらいいのか…
私は悩んでいた…
どうすればいいのかって。
私は私は…って悩み続けた
そしたら。自然と涙が出てきた。
そこに。日菜!?大丈夫?と話しかけてくれた男の子がいた。
それは。私の大好きな男の子だった。
私は泣き叫びながら抱きついた
彼は私にこう言ってくれた
俺さ!
小学生の頃から
日菜の事が大好きだったよ!
だから!付き合ってください!
私は。顔が赤くなり
戸惑ってしまった。
でも!勇気を振り絞って答えた。
私も!
蓮の事大好きだよって!
私はとてもとても嬉しかった!
やっと願いが叶った。
私は!
絶対に蓮と結婚をする!
そう!
これが私の最後の目標!
24hポイント 0pt
小説 96,702 位 / 96,702件 恋愛 26,728 位 / 26,728件