殿下に大嫌いだ、といっそのこと言ってやりたい!!!【後日談・各人物の視点等々書き始めました!】

 男らしくもなく頼りなくて泣き虫で本当に王太子殿下と疑う程の気弱な婚約者を支えていく王妃になる者・クローディアは呆然としていた。あの、あの王太子殿下・ヴィクターが堂々と気高き大虎のように自分に婚約破棄を申し出ていて……驚きのあまりに思考停止し、言われっぱなしだったクローディアが口にしたのは一つの言葉?
24hポイント 7pt
小説 26,133 位 / 104,661件 恋愛 10,985 位 / 29,372件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!