《猫の日SP》呪いをといて

――随分昔の事、近くに住んでいた五歳児がなぜか私に良く懐いた。
不思議だったが、大人しい子だったので子供嫌いの私でもそれなりに相手をしてやっていた。
だが、その子が六歳歳の誕生日を迎えた時。私はついうっかりと聞いてしまった。
『何か欲しい物はあるか?』と。
そうすればその子は思わぬことを言ってきた。
『コタね、セージがほしい! セージ、コタとケッコンしてください!』

――それから二十年。
引っ越しをして森に住んでいる私の元に一人の男がやって来た、花束を持って。
そしてそいつは言った。あの時と同じように。
「セージ、俺と結婚してください」と―――。

溺愛マイペース年下騎士(虎族)×森でひっそり暮らしポーション作りに励むおっさん(見た目四十代)
24hポイント 21pt
小説 23,740 位 / 148,230件 BL 5,030 位 / 17,039件