妹の代わりに生贄になった私は、神様に溺愛されている。

妾の娘として生まれ、迫害されて生きてきたラウラは、神様の住まう土地に住んでいた。
数年に一度生贄を用意する決まりで、今年は妹であるメルシアが生贄となる予定であった。
生贄に選ばれるのは名誉なこととされるが、妹は「死ぬのはイヤ」と言って、その役目をラウラに押し付ける。
たった一人、生贄として死んでいくのかと思ったラウラだったが、ラウラを受け取った神様からの溺愛が凄くて……?
24hポイント 0pt
小説 127,987 位 / 127,987件 恋愛 38,024 位 / 38,024件