授かりし者

約三年前に許嫁を亡くしてから、誰を娶ることもなく過ごしてきた羅沙(ラージャ)の社(やしろ)の頭領・靂(レキ)は、ドラグ・デルタの大噴火の被害を調査していた際、その影響が色濃く残る山の麓で、一人で泣いていた赤子を拾った。長く面倒を見る気のなかった靂だが、赤子の無邪気な眼差しと、暖かな手に触れ、冷えていた靂の心は次第に溶けはじめる。
長編小説『風は遠き地に』( https://www.alphapolis.co.jp/novel/683245843/27677384 )へと続く、小さな命の新たな始まりの物語。

<この作品は、小説家になろう、カクヨム、pixivでも掲載しています>
24h.ポイント 7pt
0
小説 34,175 位 / 187,400件 ファンタジー 5,126 位 / 42,935件

あなたにおすすめの小説

引退したオジサン勇者に子供ができました。いきなり「パパ」と言われても!?

リオール
ファンタジー
俺は魔王を倒し世界を救った最強の勇者。 誰もが俺に憧れ崇拝し、金はもちろん女にも困らない。これぞ最高の余生! まだまだ30代、人生これから。謳歌しなくて何が人生か! ──なんて思っていたのも今は昔。 40代とスッカリ年食ってオッサンになった俺は、すっかり田舎の農民になっていた。 このまま平穏に田畑を耕して生きていこうと思っていたのに……そんな俺の目論見を崩すかのように、いきなりやって来た女の子。 その子が俺のことを「パパ」と呼んで!? ちょっと待ってくれ、俺はまだ父親になるつもりはない。 頼むから付きまとうな、パパと呼ぶな、俺の人生を邪魔するな! これは魔王を倒した後、悠々自適にお気楽ライフを送っている勇者の人生が一変するお話。 その子供は、はたして勇者にとって救世主となるのか? そして本当に勇者の子供なのだろうか?

【完結】混沌の闇は子育てに奮闘する!~普通の子どもはそんなに強くはならないと思う~

かのん
ファンタジー
 混沌の闇から世界を救うのは一人の勇者。しかし混沌の闇は呪いのように誓う。 「いずれ我は甦る!その時はこの世界を混沌の闇で呑み込んでやる!」  そう、粋がっていた時もありました。  これは混沌の闇が、人の子を拾い、世界を滅ぼしそうにたまになりながらも、愛を知り、子を育む物語。  第12回ファンタジー小説大賞にエントリーしようと思います!  応援よろしくお願いいたします!

【書籍化&コミカライズ決定】悪役令嬢に転生した母は子育て改革をいたします~結婚はうんざりなので王太子殿下は聖女様に差し上げますね~

Tubling@書籍化&コミカライズ決定
ファンタジー
◆書籍化決定しました!!それに伴って作者からのメッセージを更新しております!(4/19) ◆コミカライズ決定です!!お知らせ更新しております!(5/31) 目覚めると大好きな小説「トワイライトlove」に登場する悪役令嬢オリビアに転生していた。 前世は3児の母、ワンオペで働き詰めていたら病気に気付かず死亡……私の人生って… 悪役令嬢オリビアは王太子の事が大好きで粘着質な公爵令嬢だった。王太子の婚約者だったけど、ある日現れた異世界からの聖女(ヒロイン)に王太子を奪われ、聖女への悪行三昧がバレて処刑される結末が待っている。 転生した先でもバッドエンドだなんて、冗談じゃない!前世で夫との仲は冷え切った関係だったし、結婚はうんざり。 王太子殿下は聖女様に差し上げますね(ニッコリ)邪魔しませんから、私の事は放っておいてください! そう思って領地に引っ込んだのに……「躾のなっていない猫には、主からの調教が必要だな」王太子殿下が領地にまで追いかけてきます… せっかく前世の子育てスキルを活かして、自由気ままに領地の子供たちの環境を改善しようとしたのに王太子殿下が追いかけてきて離れてくれません。 中身は30代の包容力抜群子供大好き公爵令嬢オリビアと、ちょっぴり強引で俺様なハイスぺ王太子殿下との恋愛ファンタジーです。 第17回恋愛小説大賞にエントリーしました^^ 感想、応援などお待ちしております! (12/27~30)HOTランキング1位、ファンタジー部門24hポイントランキング1位いただきました!ありがとうございます! ※少しダークな世界観ありです。ざまぁ、グロはなし。 ※ご都合主義の完全なる自己満創作物なので、ゆるい目で読んでやってください。 ※主人公が苦しい、俺様王太子が好みに合わない方はブラウザバックでお願いします。 ※健気な主人公が大好きな方は応援よろしくお願いします! ※若干ラブコメ要素あり、最後はハッピーエンドです。 ※1日1話ずつ更新(16時)になります~よろしくお願いいたしますm(__)m

ダンジョンに閉じ込められたら社畜と可愛い幼子ゴブリンの敵はダンジョン探索者だった

k-ing ★書籍発売中
ファンタジー
 社畜の門松透汰は今日も夜中まで仕事をしていた。  突然出てきた猫を避けるためにハンドルを切ると、田んぼに落ちてスクーターが壊れてしまう。  真っ暗の中、家に向かって帰っていると突然草原の真ん中に立っていた。  謎の言葉に謎の半透明な板。  わけもわからず睡眠不足が原因だと思った透汰はその場で仮眠をしていると謎の幼子に起こされた。 「とーたん!」  どうやら俺のことを父親と勘違いしているらしい。  俺と幼子は元のところに帰るために、共に生活を始めることにした。  あれ……ゴブリンってこんなに可愛かったけ?  社畜とゴブリンのダンジョンスローライフ。  ※カクヨムやなろうにも投稿しています