愛する貴女へ〜君と花火と神様がくれた時間〜

表情の乏しい彼女の愛を、理解しているつもりで分かっていなかった幸太。
そして長い時を経て、ようやく自分の気持ちと彼女の大き過ぎる愛に気付く。
幸太は今、心から言える。
千里を世界で一番愛していると──

イラストは銘水様に頂きました。
小説家になろうと重複投稿です。
24hポイント 0pt
小説 57,341 位 / 57,341件 ライト文芸 2,344 位 / 2,344件