絶望の色は……

ある日突然、神は言った。
『この星(セカイ)にはもう、ヒトは入り切らぬ。新たな星(セカイ)を作る事も出来ぬ。──ならば仕方なかろう』

そして星(セカイ)は2つに分かたれた。
その時の人々はこれを"ラジオの電波を合わせるように、人の半分をココとは違う周波数の星(セカイ)に送ってしまった"と考えた。
そして。
家族は、友はどこへと──絶望した。

そして、長い長い月日が流れた。

《マグマク》《pixiv》にも投稿しています!
24hポイント 0pt
小説 63,834 位 / 63,834件 ファンタジー 19,987 位 / 19,987件