黄泉月の宴 (よみづきのうたげ)

ある日、護国団【百鬼討伐隊】に捕縛された盗賊【雷鳴】の頭目《舎利焼べの雲嶺火》は、何故か、満身創痍で女の亡骸を抱いていた。郡代所御金蔵破りの後、杳として行方の知れなかった彼の身に、ー体何があったのか? 四人の手下はどうしたのか? 女の正体は何者なのか? 処刑前夜、討伐隊の鬼隊長の求めに応じ、彼がついに語り始めたその内容とは、驚くべきものだった。
24hポイント 0pt
小説 60,680 位 / 60,680件 ファンタジー 19,434 位 / 19,434件