記憶のカケラを求めて、今日もきみに嘘をつく

夏祭り会場で起こった悲惨な事故で兄を亡くした柏木将太。

兄とともに夏祭り会場で事故に巻き込まれ、しばらく意識が戻らずにいた、幼なじみ、兼、兄の彼女の梶原花穂。

花穂の目が覚めたという連絡を受けて、将太が花穂の入院する病院へ向かうが、そこにいたのは将太の知っていた花穂ではなかった。

花穂は記憶喪失により、将太のことだけでなく兄のことも花穂自身の両親のことさえわからなくなってしまっていたのだ。

そんな花穂の前に将太が兄の姿をして立ってみたら、花穂は兄の姿をした将太を見て兄の呼び名を口にして──。


○o。.偽りの姿で、記憶のカケラを探して思い出の地をまわる、僕らの夏休みが始まった。○o。.


初回公開*2019.02.21~2019.02.28
アルファポリスでの公開日*2020.04.30
24hポイント 0pt
小説 120,096 位 / 120,096件 ライト文芸 5,038 位 / 5,038件