罪荷を捨てた夫婦の話

『罪荷を捨てた夫婦の話』
真夜中に私を殺しに来た人を前に、過去の思い出を走馬灯の如く思い起こす。
夫に初対面からずっと睨まれて、名前もロクに呼んでもらえない。けれども私はコロッと恋に落ちてしまったので、あの人のためにできそうなことをしてみるのです。

『世話が焼ける夫婦の話』
王命に従い、罪人の娘を妻にした。
愛するつもりなど無かったのに、恋をしてしまった男の話。
────
思い付きで殴り書いたので荒削りな仕上がりです。悪しからず。
キーワードが思い付かないので教えて頂けると嬉しいです。
なろう小説にも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 92,538 位 / 92,538件 恋愛 25,300 位 / 25,300件