夕焼けに滲む望郷と砂塵の彼方へ

絶対的な軍事力を持つ軍事支配国家 バロール帝国 に君臨する暴君クルト。
悪虐と名高い彼が、なぜ史上最悪と呼ばれる皇帝になったのか…。
彼の死から明かされる、民衆の知られざる物語。

小さな村に生まれ、母親の愛に包まれて貧しいながらも強かに暮らしていたクルト。
演技力を糧に、皇帝まで成り上がる。
24hポイント 0pt
小説 144,188 位 / 144,188件 BL 16,455 位 / 16,455件