好きでした、さようなら

「……すまない」
初夜の床で、彼は言いました。
「君ではない。私が欲しかった辺境伯令嬢のアンリエット殿は君ではなかったんだ」
悲しげに俯く姿を見て、私の心は二度目の死を迎えたのです。

なろう様でも公開中です。
24hポイント 816pt
小説 1,890 位 / 143,746件 恋愛 918 位 / 44,849件