国のために好きな恋人と別れて大嫌いな皇太子殿下と結婚〜殿下が浮気して妹が妊娠?殿下は土下座して泣きながら許してくれと…

公爵令嬢ヴィオラ・フェルナンド・ムスランヌと皇太子アンドレ・ファンリート・テュリンガルマ殿下は婚約をしていました。

その日、絶世の美女と言われるヴィオラ令嬢は苛立ちを抑えられなかった。

その理由は婚約者のアンドレ殿下がデートの約束をすっぽかし、厳しく問い詰めたら反省しないどころか小馬鹿にしたように笑ったのです。

アンドレ殿下のふざけた態度にヴィオラ令嬢の我慢は限界でした。

その瞬間ハッと気づかされる。この男は国のために嫌々ながら婚約しただけだ。

やっと巡り合えた運命の人なんかでは決してないと――

ヴィオラ令嬢はアンドレ殿下が不貞を働いているのが分かり、婚約破棄をすると心に固く誓ったら直ぐに胸のつかえが取れる。

これから美しく気高いヴィオラ令嬢の逆襲が始まった。
24hポイント 49pt
小説 16,167 位 / 143,559件 恋愛 7,622 位 / 44,761件