男装令嬢は双子の兄のために縁談を蹴りに行きます

「ミーア。お前だけが頼りだ」

父親の切実な訴えに、ミーアは双子の兄に成り代わり、お茶会に出席することになる。すべては、熱烈なアプローチを続ける第一王女にキッパリお断りするために。

けれど、お茶会は予想外の方向に話が進んで――。
24hポイント 35pt
小説 12,941 位 / 91,396件 恋愛 5,537 位 / 24,730件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!