婚約者の心の声を知りたいと流れ星に願ったら叶ってしまった

辺境伯の娘レティシアの婚約者は「寡黙な貴公子」として有名なエリオル。

会話が続かないエリオルとの将来に一抹の不安を抱える中、流れ星に願い事をしたら、彼の心の声が自分にだけ聞こえるように。無表情の裏で、レティシアに純粋な好意を寄せる心の声の数々に驚く日々。

婚約者を見る目が変わった流星群の夜から、二人の関係は少しずつ変化していく。
24h.ポイント 14pt
0
小説 30,007 位 / 185,344件 恋愛 13,182 位 / 56,300件