となりの屋上はからっぽだった

ある日、仕事の休憩中に屋上でタバコを吸っていると、隣接した建物の屋上にいた女子高生に話しかけられる。少女は自殺を考え、死に場所を探しているという。
少女と話をし、関係を持ってしまった主人公は面倒事だと理解しながらも少女に歩み寄ろうとした――。
これは死にたい少女と死ねなかった青年の、やり直すための出会い。
24hポイント 0pt
小説 79,578 位 / 79,578件 ライト文芸 3,660 位 / 3,660件