*異次元収納*

持って生まれたスキルはレアで役に立つ異次元収納だったのに、入り口が狭くて小さなものしか入れられず、あまり役に立たなかった。
それでも何とか生活していると、男前な剣士に手伝いを依頼された。

1話ごとに固定カプ
①男前剣士×10人並み容姿ののんき者
②気のいい魔法戦士×美人錬金術師
③駆け出し剣士×怪我で引退したギルマス
④駆け出し3人組の弓使い×盗賊
⑤ギルマス×狂戦士・駆け出し剣士×ギルマス(リバ?)

野盗に襲われますが大したことはされていません。(たぶん)
2019年秋庭の無配用です。

ムーンライトで日間ランキング10位に入ったので、調子にのって続編書いてます。
24hポイント 0pt
小説 140,484 位 / 140,484件 BL 15,883 位 / 15,883件