陽のあたる場所に

自らの記憶が定かではない剣士テュフォンを帝都へ向かう途中の未熟な魔法使いのリュンクスが助け、テュフォンの記憶が戻るまで共に旅をすることとした。
テュフォンの少ない記憶に引っ掛かっているのは「膨大な光」だった。
テュフォンの混濁する記憶と感覚、そして、この世界にはないスキル【ソーラーシステム】がある理由とは。
自らを落ちこぼれと責めるリュンクスの才能開花の可能性は…?
24hポイント 7pt
小説 18,424 位 / 66,055件 ファンタジー 4,567 位 / 20,309件