流れ星の願い

 夜も更けた頃。
 絨毯を敷き詰めた部屋の片隅で、一匹のシャム猫が丸くなりこくりこくりと眠っていた。首に赤いリボンと鈴をつけたシャム猫。猫の毛並みはすっかり衰え、色あせている。かなりの老齢らしいその猫は、一日の大半を同じ場所で眠って過ごしていた。
24hポイント 0pt
小説 63,962 位 / 63,962件 ファンタジー 20,023 位 / 20,023件