この世界で僕だけが透明の色を知っている

札幌の高校生、桧山蓮は、ある日美人で有名な元幼なじみの美晴が、教室の窓ガラスを割る場面を目撃してしまった。
数年ぶりに声をかけてみれば、なぜか彼女は驚き「私が見えるの?」と泣き出してしまう。
話を聞くと、透明人間になってしまい、彼女の姿が見える人はもうほとんどいないという。

僕の目にもいつか彼女が映らなくなってしまうのだろうか。僕には彼女しか描けないのに——。

未知の現象に立ち向かい、生きる意味を見つける少年少女の物語。
24hポイント 0pt
小説 105,680 位 / 105,680件 ライト文芸 4,777 位 / 4,777件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。