とある人魚は溺れ死ぬ

 アマゾン川にて人魚の死骸が見つかり、人魚は現生人類とは異なった進化を遂げた人類であるという研究結果が発表される。人魚にもある程度の知性があるとわかると、人魚と人間の間を取り持つ人魚国際保護機関(MIS)も創設された。
 それからおよそ70年後。溺死した人魚の遺体が発見され、MISの捜査官である主人公が犯人捜査に乗り出すことになる。

※本作は小説家になろうでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 126,017 位 / 126,017件 ミステリー 2,918 位 / 2,918件