【BL】アサイラム

ひたすら逃げ場所を求めた少年たち。行き着く先は、痛みも失せた結末。



「ここはトーノが造り出した、ひたすら居心地のいい隠れ家」

高校生の千風(ちかぜ)享(とおる)は、数日前から学校をサボり気味。
逃避先は『つばき産婦人科』という病院の裏庭。そこにはサボり仲間のトーノ――遠野(とおの)永一郎(えいいちろう)がいる。
容姿端麗で穏やかで、何より千風に何も聞かないトーノ。おいしいものを食べたりしゃべったり昼寝したりして時間を過ごす。

そんなトーノは、もうすぐ死ぬらしい。



数年前にとある公募に出したBL短篇です。
注意書きしておきます。バッドエンドです。一分の隙も無くバッドエンドです。
いただいた100文字くらいの選評に、「とても後味がわるい」という趣旨の言葉が2回出るくらいのバッドエンドです。

書いた当時は、「メリーバッドエンドってハッピーエンドだろ!」という心境でした。
24hポイント 0pt
小説 125,994 位 / 125,994件 BL 13,679 位 / 13,679件