執事の喫茶店

━━━執事が営む喫茶店。それは、必要とする人だけに現れるという━━━


イラストレーターとして働いている女性が自販機で飲み物を買っていると突然強い光が襲い、ぎゅっと目を瞑る。恐らく車か何かに引かれてしまったのだろうと冷静に考えたが、痛みがない。恐る恐る目を開けると、自販機の横になかったはずの扉があった。その扉から漂う良い香りが、私の心を落ち着かせる。その香りに誘われ扉を開けると、アンティーク風の喫茶店がそこにあった。


こちらの作品は仕事に対して行き詰った方・モチベーションが下がっている方へ贈る、仕事に前向きになれる・原動力になれるような小説を目指しております。

※こちらの作品はオムニバス形式となっております。※誤字脱字がある場合がございます。
24hポイント 0pt
小説 99,366 位 / 99,366件 ライト文芸 4,252 位 / 4,252件