空と海を繋ぐのは青色

夢を追って田舎から上京してきた僕。24歳、3年目。未だに夢には近づけないまま、手癖の悪い彼女と別れたり、薄っぺらい人間関係にうんざりしたり、自由になれるはずだった街で窮屈に過ごしていた。そんなありふれた毎日にある1人のフォトグラファーが現れひょんなことから同棲を始めることになる。たくさんのことに未練を残した僕を救うため、元カノとの思い出の地巡りをフォトグラファーと彼女が忘れていった犬と僕とですることになる。日常と非日常が折り重なる再生の物語。
24hポイント 0pt
小説 66,303 位 / 66,303件 現代文学 2,920 位 / 2,920件