いいのよ、私に身を任せて・・・優しく抱きしめる女の正体を知った俺は

大好きだった彼女に「あたし、好きな人ができたから別れる」と振られた俺は、相当落ち込んだ。
涙を流す俺に、猫は優しく手を舐めて、慰めてくれた。
「ありがとな。やっぱりお前が一番だよ」

その夜。
24hポイント 0pt
小説 102,046 位 / 102,046件 大衆娯楽 3,267 位 / 3,267件