ああ、お父さん・・・背中に向かって好きと呟く娘の気持ちに気づく

「ああ、お父さん。私、お父さんが好き・・・」
背中に向かって、私は心の中で呟いてしまう。
「私だけのもの、私の
24hポイント 0pt
小説 102,134 位 / 102,134件 大衆娯楽 3,269 位 / 3,269件