瞳の狩人

猫は世界の記憶を管理する歯車の一部だった。

「あなたの瞳はまるで夏の夜を閉じ込めたようだ」
男は言った。男の傍は居心地が良かった。
だけど猫は狩らねばならない。
その魂。
しいては彼の「瞳」を。
24hポイント 0pt
小説 121,815 位 / 121,815件 ファンタジー 31,958 位 / 31,958件