皇帝陛下の懐妊指導 初恋の王女は孕ませられて

王女ユリアーナは結婚できない事情に悩まされていた。幼なじみでもある隣国の皇帝レオンハルトに相談すると、彼に懐妊指導を受けることを勧められる。夜の寝室で懐妊指導官を待っていると、そこに現れたのはレオンハルトだった。甘く啼かされて溺愛され、蜜月に蕩ける日々。舞踏会で皇帝の妃の証であるダイヤモンドの首飾りをプレゼントされるが……。◆第12回恋愛小説大賞にエントリーしています。応援ありがとうございました!

2019年12月、書籍化しました。
24hポイント 149pt
小説 9,531 位 / 140,829件 恋愛 4,605 位 / 43,712件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。