おいしいごはんがまっている。~実践から学ぶやさしい家庭のつくり方~

実家暮らしの篠崎公一は人生最大の落ち目に見舞われていた。
突然母親が父に愛想をつかして家出したことで、生活能力のない公一は明日会社に着ていく服もない。
あげく、任された仕事は最悪な状況で、残業と休日出勤の連続で休む暇もなく働きづめ。
何もかもが上手くいかず心身ともにささくれている中、ある日ついに上司から「明日から来なくていい」と言い渡されてしまう。

自暴自棄になってやけ酒を煽り泥酔した公一が朝、目を覚ましたそこは、見知らぬ家の見知らぬベッドの上だった。

「あ、篠崎先輩、目が覚めましたか? 無理しないで」

飲み過ぎですよ――そう言って二日酔いの公一の前に現れたのは、かつて会社で面倒を見ていた後輩、栗原蒼太だった。
なぜ、どうして後輩がここに? いや、どうして自分はこいつの家に?
疑問符で頭がいっぱいになるも、酒で飛んでしまった記憶が戻ることはなかった――

仕事はできるが、炊事はおろか洗濯もゴミの分別もできないポンコツの公一が、後輩の手を借りて少しづつ家事の楽しさに目覚めていくお話。

※※※※※※※※
初投稿です。
10月中に完結、その後続きを11月中に上げていく予定です。→やっと続き始めました。11月28日~
ペースとしては一日一回投稿したりしなかったり、になると思います。のんびり。
続きは後輩の栗原くん視点のお話になります。よろしくお願いしまーす。

投稿しながら時々改稿したり修正したりすると思いますー。よしなに。
24hポイント 0pt
小説 148,338 位 / 148,338件 BL 17,063 位 / 17,063件