雷鳴の歌

都の外れでひっそりと暮らす少女。
闇夜のみに現れる恋人が人ではないことは知っていた。
少女を疎む父の手の者が刀を手にして現れたとき、少女は初めて自らの生い立ちを知る。
*********
和風ファンタジー
※「小説を読もう」に投稿していたものです
24hポイント 0pt
小説 92,200 位 / 92,200件 恋愛 25,130 位 / 25,130件