魔喰らいの最低賢者 ~攻撃喰らいまくってたら世界最恐、だが断じてマゾではない~

二十歳を迎えると人間は必ず女神から恩恵を与えられる異世界。
女神から恩恵を仲間四人と共に受ける事になっていたのだが……。
賢者の俺は最底辺の恩恵『魔喰らい』を授けられる。
あれ?俺が1番最底辺の最弱じゃない?
勇者パーティに所属していた俺を除いた仲間はチートな恩恵を授けられるが、俺だけ最底辺。
その後、パーティを追放され、俺には最悪な現実が待ち構えていた……。
突如、襲撃して来た魔物の大群に放り出され集中砲火を浴びる。

そこで真の力が発動する。
攻撃を受けた事によりステータスが倍増。
喰らいまくってたら世界最強になってました……。

「はぁ……はぁ……はぁ……、さぁ……遠慮なく俺を攻撃してくれ……」

「バカなッ!?……攻撃を喰らって喜んでいる……だと?」
24hポイント 7pt
小説 19,828 位 / 80,293件 ファンタジー 4,527 位 / 23,088件